施工会社との連携プレー|注文住宅の良し悪しは工夫や提案力で決まる

内観

状態を把握する

住宅模型

チェックポイントを作る

足立区で住まいを選ぶ時の選択肢は、新築もいいですが価格が割安な中古一戸建ては魅力的でしょう。新築と比べると3割~4割は安く手に入れる物件もありますから、マイホーム購入で予算を抑えたい人にピッタリの物件です。ただ、足立区で中古一戸建てを選ぶ際は、単に物件の立地や価格だけで決めるは、時期尚早です。中古で買うからこそ、よく見ておきたいポイントがあり、それが住み心地の良し悪しを決めることになります。まずは、自分達が住宅を選ぶ上で重要視死体ポイントを挙げ、その後に住宅の状態を見るチェックポイントを作って見学に行きましょう。

水廻りの設備は要確認

中古一戸建ての購入において見ておきたいポイントは、住宅設備。足立区でもたくさんの物件があり、その設備状況はバラバラです。築年数によるところもありますが、設備自体の年式を見ておくことで、安全かつ快適に使えるかどうかを判断できることでしょう。
特に劣化の影響を受けやすい設備と言われているのが、水廻り。水廻りはキッチン、お風呂、洗面所、トイレなど住宅においても使用頻度が高いところです。この設備に不具合があることで、予期せぬトラブルを引き起こす要因になりますし修理になればけっこうな費用がかかります。中古一戸建ての場合はこの保証期間も新築に比べると短いので、購入前に見ておくのが一番です。足立区で物件の視察をする際は、不動産会社に確認しながら設備点検を行なうようにしましょう。

Copyright© 2016 施工会社との連携プレー|注文住宅の良し悪しは工夫や提案力で決まる All Rights Reserved.