施工会社との連携プレー|注文住宅の良し悪しは工夫や提案力で決まる

室内

見方がある

部屋

市原市でも土地を購入するとなると、価格を見て判断することがあるでしょう。土地の価格は一般的に坪単価で表記されており、それぞれのエリアによって価格帯が異なることから事前確認が必要になります。

Read More...

状態を把握する

住宅模型

足立区で中古一戸建てを購入する際は、安全かつ快適に暮らせる設備であるかどうかを見る必要があります。特に水廻りは家族全員が使用する場所なのでよく見て選びましょう。

Read More...

建築事例の確認

不動産

注文住宅を理想通りに仕上げるには、価格の相場とメリハリをつけて計画することが大切です。自分達だけで考えるのではなく、ハウスメーカーの担当者と話し合って決めていきましょう。

Read More...

実物を見て知ろう

不動産

見学会の活用

大阪で販売されているマンションや建売住宅は完成した状態を見る事ができますが、注文住宅だと完成した家がありませんので、建設が未完成のまま購入の契約を行わなければいけません。
だからといって、業者の腕を見ないまま契約を結ばなければならないのかというと、そうではありません。
既に建てられた住宅の構造や建築工事の内容を担当者から聞いたり、実物を見せてもらったりするだけで判断ができます。ハウスメーカーの殆どがモデルハウスという住宅展示場、工務店や設計事務所では完成見学会やオープンハウスを設けていますので、それらを参考にすると良いでしょう。

依頼内容に沿った住宅かを確認

ここで気をつけて欲しいのが、私達がモデルハウスや完成見学会やオープンハウスで見せてもらった住宅とは全く違うものであるという事です。モデルハウスの場合、各会社の構造的な特徴と標準仕様をしっかりと把握し、理解をしておく事です。内装や外観、間取りはどのハウスメーカーも殆ど一緒であると言えます。その為、見た目ばかりを意識しすぎて重要な点を見落としてしまいがちになってしまいます。
ハウスメーカーの特徴とは全く関係の無い部分を見るのではなく、どこまでの範囲が標準仕様になっているのかをしっかり担当者に確認をしておきましょう。完成見学会を利用するにも気をつける点があります。私達の要望をどのように応えたのかを確認して、その会社が持っている工夫や提案力をしっかりと抑えましょう。完成見学の住宅はあくまでも「依頼者に合うように建てられているか」が重要になります。注文住宅を購入する際は、その点をしっかり確認した上で進めるようにしていきましょう。

Copyright© 2016 施工会社との連携プレー|注文住宅の良し悪しは工夫や提案力で決まる All Rights Reserved.